更新履歴
東証

個人投資家には高齢者が多いのですが、その理由というのは単純に資金力の問題があります。
最近では手数料が格安の証券会社が数多く登場してきて、誰でも気軽に投資を始めることができるようになりましたが一昔前までは、投資をするにはかなりのまとまった資金が必要でした。

株であれば取引をする最低単元数が1000株のところが多く、手数料に関しても今とは比べ物にならないほど高額でしたから、少額の資金しかない人が気軽にできるようなものではなかったのです。
そして、信用取引の口座を開設するにしても審査が厳しく最低でも数千万円の資産がなければ、口座を開くことすらできないという時代がありました。
そのような時代に投資をすることができた人というのは、ごく僅かであり若い人で取引をすることができたという人は更に少数となります。

そうなると必然的に投資をすることができるのは、ある程度の収入がある年齢層の高い人達ということになります。
それらの人が今でも取引を行っていることを考えると個人投資家に高齢者が多くなるというのは必然と言えます。

また、お金と時間に余裕のあるリタイヤ組が第二の人生のために資産運用を開始するというパターンも多く、日中相場に張り付くことができるので、高齢者ほど投資をするのに理想的な環境が備わっているというものがあります。
やはりある程度の資産と時間がなければ取引と言うのはしづらいものです。
お金も時間もない若い人はなかなか資産運用には手を出しづらく逆に高齢者ほど余裕があるので個人投資家には高齢者が多くなって行くということになるのです。
そのため、特別高齢者でなければ取引ができないということはないので、興味を持った時には何歳であっても資産運用を始めて問題はありません。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索